« 福祉まつり | トップページ | 中野でラーメン »

2013年10月 9日 (水)

追加投入

月一恒例、大森の病院に行ってきた。

ここのところ、薬の追加、変更はせず、ノイロトロピン、パロチン、ビタメジンの3種を飲み続けてきたが、小指の進行は止まらず、最近ちょっと痛みと変形が増しているような気がして・・・

Heba201310

痛み止めを追加投入。

痛み止めと言っても、前に飲んでいた、セレコックス同様、関節を修復する働きのある痛み止めらしい。

少しは効果が出ればいいんだけど・・・

今回、思ったのは、やっぱり同じものを飲み続けても、効果が見られなければ、違うのを試すのもいいかも!?

先生も言っていたが、あくまでも基本は残しておいて、追加するもので様子を見ると。

漢方やら、痛み止めやら、まだまだ、効果のありそうな薬はあるみたいだし、1ヶ月毎に変えて様子を見てみようかな?

あまり、薬は増やしたくないんだけどね。。。

そうそう、関係ない事だけど、ずっと前から大森駅から整形外科に行く道すがら、気になっていた事があって・・・

マンションとマンションの間に建っている、この古い家。

誰か住んでいるという感じではないんだけど、何故か不自然に残っている。

最初は、誰か有名な人の生家とかかなとも思ったけど、そうでもなさそう?

Oomori

何か、取り壊せないような訳でもあるのかなぁ?

あぁ、気になる!

知っている人、教えてくださ~い!!

|

« 福祉まつり | トップページ | 中野でラーメン »

ヘバーデン結節」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私も変形性指関節性で今年から通っています。この家、私も気になっていました!
2011年の震災で倒れてもおかしくない位の古いお家ですよね。ここまで古いと壊さずにいてほしいですよね。
私も知りたいです(笑)

投稿: 幸枝 | 2013年10月19日 (土) 02時16分

幸枝さん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
この家、気になりますよね。
いつ見ても不自然なんですよね~
それもそうですが、指の調子はいかがですか?

投稿: you-chang | 2013年10月21日 (月) 00時29分

へバーデン結節に半年前から,悩まされています。基本的に,軟骨が磨耗して,カルシウムなどが液状化し,次第に固まるような病気だと思います。(以下は,個人的な知見で,まちがっているかもしれません)

初期に,ミューカスシストと呼ばれる水膨れをなんとかしたいと,お灸を何度も繰り返して,患部を乾かし,悪い皮膚細胞を除去したいと考えました。指全体が当時ぶくぶくして,しまりがないような状態から次第に変化が起きました。

しかし,普通の水ぶくれなどなら消えるべきが,二ヶ月ほどして親指の左側に硬くタイヤゴムのような部分が,がんばっていることに気づきました。これは,骨のトゲが溶けこんだいわばカルシウム部分のようです。

一応この時点で,痛みもなく,地元で名のある整形外科に診てもらうと,それまでの経緯についてもおおむね批判はせず,西洋医学では,完治はないとの示唆がありました。

何もしないと,最初のミューカスシストと呼ばれる水膨れが,破裂し,さらに爪まで侵食したかもしれません。ものすごく時間はかかるでしょうが,私は,お灸で焼き滅ぼすことを終始意図しています。

私の治療は,薬もレントゲンもない時代に,行った野蛮な治療で,悪い箇所を撃退しようと言うものかもしれません。ただ,お灸の高熱で,固まった部分が溶け,形状が動いているうちが奇形修正のチャンスだと思います。

乱暴ですが,温泉に一時間以上つかり患部をふやけさせる。あるいは,分厚くなった患部の外側皮はサンドペーパーを少しかける。そんなことを繰り返し,全体の形状をなんとか目立たない大きさにまでできたら・・・と考えます。

くりかえしますと,ミューカスシスト(水膨れ)は,しつこくお灸すると,消えます。しかし,かわって,親指全体に奇形が起こり,左側に痛みはないのですが,多少の弾力性を残したコブができて,悩ましい状況です。

投稿: へバーデン結節 | 2014年1月 8日 (水) 14時32分

コメントありがとうございます。
なかなか、これだ!という治療法はないようですね・・・
私の場合、水膨れはないのですが、小指だけ変形が止まりません。

投稿: you-chang | 2014年1月 8日 (水) 23時17分

私の場合,早死にした兄がお灸を使う仕事をしていたので,大量のお灸材料が手元にありました。この指の変形に効くのか,最初懐疑的でしたが,三ヶ月やってみました。「たばこ型」お灸を使用しました。

現在も,水膨れ撃退までは効果あったかもしれませんが,もう一度動き出して大きくなりそうな気配もあります。整形の先生は,親指以外も気配があるようなことをおっしゃっていました。

ただ,当初の巨大さはなくなっています。ある程度効果はあったので,私はこれで治療継続してみます。要するに,悪い細胞の動きがどこかで止まるようなことをしないだめで,表面を切るような手術では再発防止は難しいかと思います。

投稿: へバーデン結節 | 2014年1月 9日 (木) 09時11分

私も大森の病院に行っています。半年通いましたがそのお家に気がつきませんでした。
私はバスですが今度見てみます。

投稿: | 2016年7月29日 (金) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加投入:

« 福祉まつり | トップページ | 中野でラーメン »